RSS

怪談 たたり三味線(2)

投稿日時:2019/09/05(木) 19:30

このたびまたまたお誘いを受けて

この「超びびり」な私が3度目の怪談朗読劇に行きました・・・。

 

場所はまたまた法然院。

 

語るのは、またまた東映女優のまつむら真弓さん。

 

基本は「語り」なので

別にセットが組まれてる訳ではありませんが

昨年より舞台装置が少々凝ってる気がします。

東映のスタッフさんがあちこちにおられます。

カメラを回すのは六車監督だと聞きました(スッゲ!)。

 

だんだんと夕暮れが近付いた頃に始まりました・・・

 

いや、もう、ほんまに「独り芝居」です!

朗読の形をとられてますけど

絶対一字一句頭に入れたはるでしょ!?・・・って気がするんです!

寒い!

怖い!

 

びびりな私は今年もさぶイボ全開でした(T-T)。

 

また、たまたま据わった座布団席が2列目の正面で

真弓さんの演技の目線がこっち向くんです!

迫真の演技が私に襲いかかるんです!

・・・ちびりますわ。

 

素晴らしい芸能です。

「芸」とはここまで達して「芸」なんでしょうね。

情景が頭に鮮明に浮かぶ説得力はほんまに恐怖です。

暑い日に涼しい時間を過ごさせていただきました(^^)。

 

 

でも実は・・・

今年は隣の座布団に心強いお方が座っておられたんです。

太秦映画村のショーで”サスケ”を演じておられる、

菅原洋美さんだったんです!

・・・とは言うても助けてくれる訳ではありませんが

たのもしいですやん!

 

 

でもほんまにこれは絶対体感するべきです!

時代小説や時代劇ファンならなおさらです。

このシンプルな和室の空間が戦国時代にタイムスリップするんです!

絶対はまります!

「びびり」な私は”半はまり”ですけど(^^;)

 

3部作らしいです・・・

来年も行かなアカンらしいです・・・

再度サスケさん誘って耳栓持って行こうかな(^^)/

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:怪談 たたり三味線(2)

(ブログタイトル:どーせ私はびびりです!)

ブログトップ«前へ次へ»コメント(0)

名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:

BLOG MENU

CATEGORY

BACK NUMBER

  • キャンペーン情報
  • 住宅業界ニュース
  • 新商品紹介