RSS

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

<<前へ

Joyo Super Jump Extreme 2015!

投稿日時:2015/12/28(月) 17:07

えらいこっちゃ!

重要な記事書くの忘れてました。
「京都で一番早くさくらが咲くまちプロジェクト」の時代絵巻行列
見に行った後のスペシャルな話です。


となり町の城陽YEGが主催するビッグなイベントです。

Joyo Super Jump Extreme 2015!


城陽YEGにしかできない事業やと思います。

ちょーどバッチシの広大な場所がある。

設営を可能にするイケイケバリバリのメンバーがいる。
そしてプロラリードライバーの福永修くんがメンバーにいる。
すばらしいの一言ですわ(^^)。


27-12-28 (1)


プロの妙技って

見たらほんまに涙出そうになりますね。


27-12-28 (2)


このモトクロスバイクが空飛ぶんですよ!


27-12-28 (3)

27-12-28 (4)


どないやねん!ほんま(^^)。


27-12-28 (5)

27-12-28 (6)


大好きなトライアルを真ん前で見れるしあわせ。

”現日本チャンピオン”小川さんの超絶パフォーマンス!


27-12-28 (7)


そして福永くんの真骨頂!
クルマが横向いて滑ってくるんです!(もー何言うてるかわからんでしょ)


27-12-28 (8)

石ころが飛んできて私の横っ腹に当たったのにはびびりましたが。
乗ってる方も危険なら見てる方も覚悟が要りますわ(^^)。


もー全てが人間ワザやない!


ほんまにええもん見せてもらいました。

設営すんのにめっちゃ苦労したって聞いてます。
モトクロスの着地スロープの砂利を盛るのにダンプ数十台って?

脱帽ですわ。


実行委員会組織による恒例行事にでもなればいいね。


え?しんどいって?(^^)

>> 続きを読む

玄関1dayリフォーム

投稿日時:2015/12/25(金) 15:02

玄関ドアは数多く入替えてきましたが結構大変なんですよね~。

つまりはその日のうちに施錠できる状態までもっていかないと
戸締りができません。


それはそれはめちゃくちゃ考えに考えて当日に臨みます。

何かトラブルが起きてサッシがはまらないと
夜なべせんとあかんようになります。
夏は虫が入ってくる!と怒られますし
冬は寒い!と怒られます。


で、数年前からLIXILの「1dayリフォーム」を採用することが多くなりました。

玄関サッシを既存に合わせて加工~取付することにより

躯体を大きく触ることなく完成します。

何よりも工事が1日で済んでしまいます。


27-12-25 (2)


木製ドアのこのお宅。
雨・風・日光等でかなり傷んでます。


27-12-25 (1)


朝から工事を開始すれば夕方にはこの通り!
しかもディンプル錠のダブルロック!


たまたまおのお宅は既存窓との調和を考え

アルミサッシに多いブラウン色を選びましたが

まるで粗い木板に見えるカントリー調など多数のデザインから選べます。

取替工事は1日で済みますけど

昔同様むちゃむちゃ考えに考えてサイズ決定を行いますし

発注から施工まで2週間ほどかかるのが難点ですが(^^)。


でもねでもね、

「1dayリフォーム」って言いますけど

周辺のタイルをめくり替えする工事がほとんどの場合に発生します。
それを入れたら「2dayリフォーム」ですやん!

今回も玄関内側のタイルは数日後に少々直してます(^^)。


さてさてみなさんいかがでしょうか。

また時々実例をアップしていきますね(^^)。

>> 続きを読む

クローゼット改修

投稿日時:2015/12/20(日) 10:27

27-12-20 (1)


一見なんの変哲もないクローゼットです。


27-12-20 (2)


開けても・・・普通のクローゼットです。


でも壁と床に何か見えますね。

前日までここには収納物が詰まってました。
それを一旦空にして給排水管を仕込みました。

実はここ・・・2階なんです。


1階はリビングで真下はテレビスペースです。

そこを触ったら大事になる。
よって両方とも外壁に配管してます。
ハシゴでの工事はなかなかスリリングでした。
職人さんに感謝です(^^)。


27-12-20 (3)


ミリ単位の計算で無事に洗面化粧台を納めました!


こう言う工事で一番むずかしいのは構造下地の把握です。
筋違を欠いたら犯罪行為ですから。


「安心してください。除けてますよ(^^)」

>> 続きを読む

師走の太秦(2)

投稿日時:2015/12/12(土) 19:00

9月末にしながわ宿場まつりでお世話になった東京の方々が
京都に来られるってんで会いに行きました。


集合場所は太秦映画村(^^)。


もちろん時代劇扮装が目的なのは承知ですから
最近ストレスと不摂生で荒れたお肌ではお付合いできないと

少々がんばった甲斐がありまして

晴れてお仲間に(^^)。


会社で雑用をこなしてからクルマで出かけましたが

やっぱしシーズンオフの休日は道も空いてます。

40分程で着きました。


で、私も扮装することになりました(^^)。


メイクには30分程かかります。

とにかく”塗られます”。
でもチビっと男前になります(^^)。


27-12-12 (1)


色っぽい町娘は高橋知代さん。


気さくに写真に応じてくださいました。

ちょーど前日の土曜日に2時間サスペンスの再放送を見てたら
シアン化カリウムで殺されてた方です。
あの時はジタバタ苦しんではったのに

この日はめっちゃお元気でした(そらそやろ)。


27-12-12 (2)


こちらの町娘は伊丹舞さん。


小顔の可愛らしい方です。
この方もいろいろ写真撮影に応じてくださいました。
おおきに(^^)。


27-12-12 (3)


そしてチャンバラ演舞の方々と記念写真。

ついこないだ町娘として撮らせていただいた深津知里さん。

今回は凛々しく沖田総司役のようです。

きゃわいい!


27-12-12 (4)


そしてそして大石直美さん。

常にお客様のことを考えて行動される敬愛するお方。

武家娘での広報のお仕事お疲れ様です。
なかなかアップは撮らせてくれませんけど(ToT)。
テレビ画面でお目にかかることを楽しみにしてます(^^)。


でも、

やはり東映太秦映画村、いつ来てもおもしろい!

それは村人(役者さん)達のがんばりによるものですわ

>> 続きを読む

M-1グランプリ2015

投稿日時:2015/12/07(月) 17:45

なくなってめっちゃ残念やったんです。

「あれは一時のブームやったんか」・・・とも感じました。
でも私も関西人、漫才は文化や思てます!

待ってました!


M-1グランプリ 2015決勝戦!


第1回放送から全部見てます。
1回目からず~っと欠かさず見てるのはトヨタカップサッカーとこれだけ。

今回も楽しませていただきましょう(^^)。


誰が抜きんでてるの?って感じの8組です。

混戦状態なら100%のパフォーマンスで臨めたコンビが優勝ですわ。


6年前のブログ にも書いてますね。

基本的に好きなのは”しゃべくり漫才”。

二人の何気ない日常会話が即ち”漫才”です。

「メイプル超合金」ってーのは初めて見るけど後は知ってる。

決勝8組でこのスタイルは「和牛」か「銀シャリ」。

彼等を本命と読んで番組スタートです。


でも・・・みんなおもろい!
それだけは声を大にして言いたいです(^^)。


「メイプル超合金」も「馬鹿よあなたは」もワールド全開ですやん。

そして「スーパーマラドーナ」。

めっちゃおもろかった。

まるでチュートリア的な妄想ワールドがツボでした。
「このスタイルええんちゃうの」って一気に応援したくなりました。


目当ての「和牛」と「銀シャリ」は

いつもテレビで見てるのよりも完成度が高かったと思います。

特に「銀シャリ」は素晴らしかった!

・・・でも続きが見たいのは「和牛」なんですけど(^^)。


この辺が審査の妙ですね。


「ジャルジャル」のネタにはハラハラしました。
これは凄い!凄く難しい!

内容的には薄いけど掛合いの間合いだけで勝負する「必殺漫才」ですね。

プロ審査員の評価は案の定高いと思いました。

でも世代で好き嫌いがはっきりする類いのものかも知れません。

最下位になっててもおかしくないかも?とも思いました。


「ハライチ」はめっちゃおもろかったけど

澤部のキャラクターで押し切った感が強く

「タイムマシーン3号」は期待しなかった分おもしろ過ぎて

今回は彼等が取る!と思わせる仕上がりでした。

テクニックも最高です。


ここで敗者復活の「トレンディーエンジェル」。


彼等が「タイムマシーン3号」より得点が高かったことで

今年の私の「M-1グランプリ」は終わってしまいました・・・。


そりゃ~彼らはおもろかったし。

でも・・・ハゲにこだわり過ぎちゃいますか?

6年前のブログ で「ギャロップ」について書いてますね。

彼等は大好きやったんですけど

ハゲネタから抜け出せなくて引いてしもた、あの時を思い出させます。

彼等の漫才はあの一世を風靡した

「ざ・ぼんち」や「のりおよしお」のワンパターン漫才に似てます。

毎回毎回おもろいんですけど

「エンタツアチャコ」「ダイマルラケット」「いとしこいし」みたいに

「あのネタが見たい」「あのネタが聞きたい」みたいな感がなく

みんな同じにしか見えないんです。



タイムマシーン3号が3組決勝に残ってたらどうだったでしょう?

3組決勝でジャルジャルが別のネタをやってたらどうだったでしょう?

和牛もスーパーマラドーナも独特のワールドをもっと見せられたはずです。


ん~むずかしい!漫才って難しい。ほんま笑いって難しい。


来年は「学天即」の優勝に期待します(^^)。


>> 続きを読む

«前へ

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

BLOG MENU

CATEGORY

BACK NUMBER

  • キャンペーン情報
  • 住宅業界ニュース