RSS

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

<<前へ

私塾の価値

投稿日時:2017/04/18(火) 19:49

住宅地にあります。

子供の自転車がいっぱい停まってるから分かるって感じでした。

昨年に庭を駐輪スペースに改修する工事をさせていただきました。

その時看板を立てました。

 

2017-04-10 (5)

 

ご夫婦はもともと教職関係者です。

何しろ奥様にはつい最近まで息子たちがお世話になってました(^^)。

いろいろと話をする中で

私の小学校時代にとなりのクラスの担任をされてたことも発覚!

ご縁ありありですやん(^^)。

軌道に乗って息子さんも後を継がれてます。

 

2017-04-10 (4)

 

思えば、

8年前にJR宇治駅前に「成基学園」が開校しました。

そして昨年にはすぐ近所に「馬渕教室」もできました。

超進学塾が幅を利かせる中で

そのレベルに達していない子供がそんなところに入れられると

可哀想と言うかもったいないと言うか・・・。

 

以前次男が言いました。

 

「いっぺん授業をめっちゃ集中して聞いてん」

「先生の言葉を全部暗記するぐらいの気持ちで聞いてん」
「めっちゃ成績あがったわ(^^)」

 

たぶんそう言うことやと思うんです。

それを初期段階から続けられる子供が「賢い!」って言われるんでしょうね。

その体制に持って行くための親であり教員であると思います。

 

アットホームな私塾で先生の言葉がわかるような訓練をすれば

授業がおもしろくなるし成績も上がるし、

ワンランク上の学校を受験できるようになるんでしょうね。

 

 

今回は今まで自習室としてムリヤリ使っていた床の間付の和室を

マジ勉強のための「教室」に改修する工事でした。

 

2017-04-10 (1)

2017-04-10 (3)

 

なかなかいい空間になったんじゃないでしょうか(^^)。

 

優しいご夫婦と優しい若先生。

ここでますます子供達に勉強する楽しさを教えてくださいます。

そんな私塾っていいですね(^^)。

コメント(0)>> 続きを読む

洛北付属の入学式

投稿日時:2017/04/16(日) 18:20

朝からやったら無理なんですけど

午後からやっちゅーんで行ってきました。

洛北高校付属中学校の入学式(^^)。

 

嫁さんは三男ポンスケと先に行ってます。

私は仕事を終えてからギリギリに到着しました。

もう既に体育館に用意された席は埋まってました。

 

近年は入学式や卒業式は両親共出席の傾向にあり

下手したら祖父母も出席したりして

席は多目に設けられてるはずなんですが・・・。

予想を上回る参加者があったんでしょう。

その一人が私です(^^)。

 

何やら長椅子をだして座席数を増やしたはります。

私もちょこんと増設席に座りました。

 

2017-04-16 (1)

2017-04-16 (2)

 

間に合ったー!

高校の入学式と合同です。

まだまだ小さい図体ですが小学生と違い凛々しく見えました。

 

2017-04-16 (3)

 

教室で説明を受ける間は保護者は見てるだけ。

クラスのどの生徒もめっちゃ賢そうです。

 

今年はサクラの開花が遅れ満開の入学式でした。

さてさて、兄貴同様6年間通う学校です。

少々遠いけどがんばってや。

>> 続きを読む

休みの映画村(2)

投稿日時:2017/04/16(日) 17:53

日曜日に洛西上桂で打合せ。

終われば後は私の時間です。

太秦映画村では春の特別企画が行われてると聞いてましたので

これは行かなあきまへんな~と(^^)。

 

2017-04-02 (1)

 

間に合ったー!

ラストショーの出待ちの大脇あかねさんに会えました。

本番前に写真撮影にも応じる余裕!
とことん練習し尽くした女優さんのプロ意識がすごいです!

 

2017-04-02 (2)

2017-04-02 (3)

 

ま、剣舞の無い分カンタンやったってことですか?(^^)

でもなかなか可愛かったですよ(^^)。

 

2017-04-02 (4)

 

最愛の(?)土方さんを紹介していただきました。

めっちゃカッコイイ!

 

2017-04-02 (5)

 

ショーが終わって声をかけてくださったのが嬉しいです。

いっしょに写真までいただきました。

さすがに日曜日は次の予定もなく時間がありましたので

「村内散策ツアー」に参加しました。

 

2017-04-02 (7)

 

案内人は小林茉利江さん。

デック平井さんとはまた雰囲気が違い

案内よりもその姿に見惚れてしまいました(^^)。

 

2017-04-02 (8)

 

やっぱし映画村はゆっくり来なあきませんな。

>> 続きを読む

ウッティー(4)

投稿日時:2017/04/16(日) 17:30

「鵜小屋のお披露目をしたいと思います」

 

澤木鵜匠から連絡をいただいたのは躯体完成間際でした。

その時にはもう引渡しまでの工程が頭にありましたので

OKサインは簡単にお出しできました。

 

「つきましてはご出席ねがえないかと・・・」

 

めっちゃ名誉なお話ですやん!

行きます行きます!

ゴルフ断ってでも行きますわ(^^)。

申請や省庁との折衝に携わっていただいた先生にも打診して

その日その時間は空けておきました。

 

2017-03-27 (1)

2017-03-27 (2)

2017-03-27 (3)

 

この日に合わせてウミウが初入居です!

私にとってはこの瞬間を待ちに待ってましたので感無量。

まさか拒否られないとは思いながら気が気ではありませんでした。

やはり施主本人の手応えが一番気になりますよね(^^)。

 

2017-03-27 (4)

 

澤木鵜匠がこの建物の増築に至った経緯や

満載された工夫に付いて説明されました。

本来ならここは設計者の私に説明させてほしかったのですが

その場合は2時間ぐらいかかりますので

やはりこれが正解ですね(^^)。

 

2017-03-27 (5)

 

とりあえず私も「施工は(株)藤森工務店」と紹介され上機嫌(^^)。

 

思えば宇治鳳凰ロータリーに入ってこその仕事です。

観光協会や市の観光課等のいろんな方と知合いになりました。

あまり「寄付寄付!」と言われるのは好きではありませんが

自分が動いたり頭を使ったりすることが公共福祉に繋がるなら

こんな素晴らしいことはありません。

いい経験だったと思います。

>> 続きを読む

ウッティーのお家(3)

投稿日時:2017/04/16(日) 17:05

3月の連休明けについに完成いたしました!

 

昨年の計画当初には確か山口県やったと思いますが

既に建ってる飼育建物の平面図を見せていただきました。

平面図1枚だけでした。

RC造の高価な建築だと一瞬で解る図面でした。

しかし100分の1の平面図では参考にはなりません。

ここから澤木鵜匠&ウッティーと当社との百日戦争が始まります(^^)。

QC的に言えば「問題点の抽出」に始まり解決策の模索を試みます。

鵜匠は飼育のプロですが建築は素人さん。

私は住宅建築のエキスパートですが動物は苦手。・・・こりゃアカン!

でも鵜匠も私も情熱だけは負けません!

鵜匠からはウミウに対する深い愛情がビシビシ伝わってきます。

私は物理的に検証し最大限希望を叶えられるよう努力するだけ。

それはそれは普段の仕事とまったく違う、

コペルニクス的発想の転換を求められるような日々でした(^^)。

でも澤木鵜匠には見えてたんでしょうね。

あるべきゴールが。

 

「工夫満載」と謳いましたのでその工夫とやらを紹介します。

 

 

1.清掃性

 

水槽が満水になったらエプロンだけでなく壁からも

溢れた水が滝のように流れ

壁一面を洗い流す仕掛けです(^^)。

 

ウ (1)

ウ (2)

 

流れてはくれるんですが

微妙な不陸と防水がバッチシ効いてるのとで

「白糸の滝」みたいには行きませんね(^^)。

でも、とりあえずがんばりました!

 

2.視認性

 

これはもう「観光協会への命題」だったようです。

観光コンテンツとしての鵜小屋であれば

是非ウッティーを観光客に見学してもらわなければ意味がない。

そのためには中を見えやすいものとしなければ

行政が援助する意味がない!・・・みたいな(ToT)。

 

ウ (4)

 

従来は5mmマスのステンレスネットでした。

ウミウの囲いだけを考えれば

10cmマスのワイヤーメッシュでもまったく問題ないのですが

ロケット花火等のイタズラから保護するためには

これぐらいの細かいピッチでないとダメなんですね。

でもそれでは中にいるウッティーがよく見えないんです(T-T)。

 

ウ (3)

 

どうですか?

断然よく見えませんか?(^^) がんばりました!

 

 

3.環境性

 

鵜小屋は宇治公園内にあり

排水設備はもっぱら垂れ流しの状況です。

鵜小屋のウミウも野生のサギや鴨も同じ扱いみたいです。

でも人的に飼育されてる以上その排水には問題が生じます。

 

その問題とはウミウの糞や抜けた羽根等のゴミです。

宇治川に流すにはこれらを濾し取る必要があります。

これまでは多少はそのまま流れてたものを

設備としてしっかり対応する工夫が求められました。

 

ウ (5)

ウ (6)

 

水槽の排水も土間の排水もすべてをここに集中させます。

そこにフィルターを仕掛け濾して澄んだ水を流します。

 

ウ (8)

ウ (9)

 

口で言うのは簡単ですが

何をどーしたいのかが決まっていないのと

既存建物のレベルが決まっているのとで設計は難航。

でも、がんばりました!

 

 

4.多様性

 

既存になかった間仕切りネットを設けることに悩みました。

ウッティーの成長に応じて部屋を分けないとイケないそうです。

幼稚園や小学校で言うところの「学年分け」みたいなもん?

例えば病気になったウミウを隔離するのにも使われます。

それをいかに安く、簡単に、完璧に仕切れるかがテーマです(^^)。

当初の設計は「ネットカーテン」でしたが

隔離しきれないとの私の判断でフック止めに変更しました。

 

ウ (11)ウ (10)

 

このネットもサイズ特注品です。

延びしろを計算しての発注はなかなかエキサイティングです。

アカンかっらたオシャカになる可能性大ですから。

この辺は理系頭脳の勝利です(^^)。

 

 

5.飼育性

 

ウミウの生活には寄生木が必須なんだそうです。

我々で言うところの「タタミ」や「ソファー」で”ゴロ寝ー”みたいに

ウミウにも休息する場が要るんですね。

 

ウ (13)

ウ (12)

 

片方には野生の切り枝を仕込まれてます。

この支柱の接合強度と留付強度に悩みました。

私一人で工事する予定でしたが大工さんに助けていただきました(^^)。

 

 

さてさて、ここまでがんばったら

後はウミウ達の入居を待つだけです(^^)。

>> 続きを読む

«前へ

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

BLOG MENU

CATEGORY

BACK NUMBER

  • 新商品紹介