RSS

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

<<前へ

残暑の映画村

投稿日時:2017/08/27(日) 23:55

上桂の現場から千本鞍馬口までの道中。

寄るは私の”道の駅”、太秦映画村(^^)。

明け方の大雨のおかげで朝は一気に涼しくなりましたが

日中は35度を超える暑さ。

 

あれあれ?今回はなんか変。

 

 

オープンセットの半分ぐらいが立入禁止になってて

いつもはすり抜けられる長屋や吉原の建物も入れません。

 

「何を撮ってはるんですか?」

 

聞いても誰も答えてくれませんわ。

でも時代劇の撮影なのは間違いない。

着物にカツラの役者さんがチラチラ見えてます。

 

 

 

村内散策ツアーの小畠徳子さん。

 

「言ったらクビになっちゃいます!」

 

そんな話で大盛上がり(^^)。

いつもは存在しない茶店をバックにパチリ。

 

でも私、見ちゃいました!
たぶん彼が主役を務めはるんでしょうね。
大々的宣伝があるでしょうから楽しみにしとこ(^^)。

 

 

おんや~?園英子さん!

出はるんですか?
でもちょっと衣装が違う・・・?

 

「私の出番は屋内セットで撮り終わったんです(^^)」

 

あとはスタッフとして劇中の花魁道中の所作指導なんですって。

やっぱり撮影があると活気があるし

みんなイキイキしたはりますね。
?

さて、私も仕事仕事(^^)。

コメント(0)>> 続きを読む

手摺取付 H邸の場合

投稿日時:2017/08/27(日) 23:01

動作が不自由になられたダンナ様。

階段には既に昇降機が据付けられています。

玄関からそこへたどり着くのに手摺が必要になるのですが・・・

 

壁はいいんです。

下地を探して取付けられます。

下地がなければ入れることもできます。

 

 

でも、このドア部分にどうしても必要なんですと!

 

でも問題があります。

 

まずソフト面。

ここに取付けた手摺を、

もしドアの閉まりが不完全な状態で掴んでしまえば大惨事になります。

ドアノブの不具合で突然開いてしまったら・・・なんて考えてしまいますね。

 

「本当はやりたくない工事なんですが・・・(^^;)」

 

ここは十二分に説明し理解していただきました。

 

そしてハード面。

このドアは松下電工(現パナソニック電工)の商品です。

桟の構造について図面等があればほしいと打診しましたが

問屋からはいい返事はもらえませんでした。

 

不要なドアを分解して確かめようとも思いましたが

調達できませんでした(ToT)。

 

 

そこでネットサーフィンで手に入れたのがこの写真。

寸法は分かりませんが貴重な写真です!

これがあれば何か考えられるはず・・・。

 

 

縦にほしいと言われましたのでこんな感じに付きました。

かなりしっかりと付いてます。

手摺が外れるよりもドアのラッチが先に壊れますわ(^^)。

 

ドアハンドルに干渉しない高さなら横にも付けれます。

 

でも、やっぱりいい状態ではないと思います。

手摺って体重をあずけるモノですからねえ。


最終手段として「こんなこともできる」程度のお話でした。

コメント(0)>> 続きを読む

焼肉は屋外で

投稿日時:2017/08/17(木) 20:07

義妹夫婦が「焼肉しましょ」ってんで

嫁さんと肉の買出しに行きました。

こないだサッシ屋の社長に教えてもらった肉屋さん。

 

 

この店のある界隈の焼肉屋さんは

どこも安くて美味いと聞いてましたけど

いやもー多分ホンマですわ(^^)。

 

10時開店との情報を調べ20分前に着いたのに

既にそこそこ並んだはりました。

でも予習が利いてます。

事前に購入する品種と数量を決めてましたので

スススーと買うことが出来ました。

 

でもほんまにほんま、何がちゃうんでしょう。

 

美味い!! 美味いわー!!
甘くて辛くてほんま美味い!

 

タレですね。付けダレですねやっぱし。

翌朝の息までめっちゃ臭いけど(^^)。

コメント(0)>> 続きを読む

BABEL

投稿日時:2017/08/16(水) 23:51

ブリューゲルと言えば、私の場合

まず頭に浮かぶのは農民の日常を描いた油絵ですが

一般的には「バベルの塔」なんですかね?

そー言えば美術の教科書にも載ってた気がします。

でもやっぱし見に行かなあきませんわ。

ほんまもんの彼の細密画に触れたい思いに変わりありません。

 

 

なんかもう長蛇の列!ってウワサで土日は諦めてました。

やっぱり行くなら目の前で、目と鼻の先で鑑賞したい、

そんな思いばっかりが先に立って

金土のナイターに賭けるか、

9月のど平日に見に行くか、

そんなことばっかし考えてました。

 

でも案ずるより産むがやすし。

ダメもとで行っちゃえー!・・・てことで盆休み突入の土曜日。

ナイター覚悟の4時入りでした。

 

意外と空いてる・・・(ラッキー・バルボア!)

 

15~16世紀のネーデルランド画家の絵は

バリバリの宗教画でした。

それも繊維や貴金属は恐ろしく繊細写実な油絵でした。

その中から風景に主眼を置く絵が生まれ、

ボスと言う天才が出現し一時代を築き

また民衆の生活を描く者が出現し・・・。

 

そんな中でこの「BABEL」だけが異質でした。

飽きない。

ほんと飽きない。

 

ブリューゲルは40そこそこの生涯だったと知りました。

バベルの塔は没する1年前の作品です。

わずか1m四方に満たない絵画ですが

まさしく「超大作」です。

 

 

 

ロビーでこんな展示もありました。

 

 

フェスティバルタワー地下の香住町観光出張所的居酒屋で

ブリューゲルに乾杯。

コメント(0)>> 続きを読む

有馬温泉2017

投稿日時:2017/08/16(水) 22:37

「家族で有馬温泉行こう思うねんけど」

「せやな~ちょっといつ休めるか考えるわ」

「ん~ん、もう予約してん」

「え?・・・何言うてんの?」

「じゅんちゃんがアカンでも子供等みんなと行ってくるし(^^)」

「マジか!」

 

大学生の長男がいる中で家族全員の一泊旅行なんて

そう簡単にできるもんじゃありません。

まして来年からは次男の大学受験が本格化します。

必死の段取りで私も混ぜていただきました(ToT)。

 

その日というのが巷ではまだお盆休み直前の平日。

なのに渋滞予測では吹田~西宮山口下りで10km。

一般道では日常の渋滞があるはずだし

巻き込まれるのは覚悟してました。

 

”台風5号、近畿直撃”

我が家の出発と同時刻だってさ!

笑てしまいました(^^)。

 

ま、でも台風が来たら当然仕事もできません。

職人さんが動かないと気が楽です。

心配なのは雨漏り等の緊急連絡だけですが

前回の大雨でも大丈夫でいたから今回も・・・と楽観的。

もー行け行け!

 

さすがに全く渋滞なく

暴風雨の中を神戸の山手へとやってきました。

あんまし早く着いても仕方ないし

まずは三田のアウトレットでお買い物。

 

がっら~ん!

 

開店15分前に入ったんですけど・・・休みか思いましたわ。

そんでも昼頃にはそれなりに賑わいました。

日本語以外のことばが飛び交ってましたが(^^)。

 

 

ホテルに着いてしまえば何でも楽しめます。

卓球して

温泉入って

ゲーセン行って

晩ごはん思いっきり食べたらまた温泉入って(^^)。

 

 

台風一過の翌日には諦めてたプールでも遊んだし

特に三男ポンスケが大喜びしてくれたのがうれしい。

 

 

行きでなかった大渋滞に

帰りはモロにぶつかってしもたのが余計でしたが。

みなさん安全運転でいきましょう!

コメント(0)>> 続きを読む

«前へ

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

BLOG MENU

CATEGORY

BACK NUMBER

  • 住宅業界ニュース
  • 新商品紹介